教育旅行の受入について

 一般的に修学旅行というと歴史的な観光地を巡ったり平和学習などが思い浮かぶことと思います。

 浜田市ではそういった既存の旅行とは別に、農山漁村での生活や自然に直接触れる体験を通して、教科書には書いてない「ホンモノの体験」を感じる体験教育旅行を実施しています。

体験教育旅行で期待される学習効果
 ★自立心、行動力
 ★気づき、自己変容


子ども交流プロジェクト


 浜田市ツーリズム協議会では毎年、お隣の江津市と共同で「子ども交流プロジェクト」を実施し、地元の小学生を受け入れています。
その中でも民泊は大変ご好評で、「子どもが家の手伝いをするようになった」と親御様からも成長を感じていただいております。


toppage

モデルコース


 

 

※基本プランですので、体験・交流などにつきましては、お気軽にご相談ください。


実施までの流れ


 

学校・団体
旅行会社   →協議会事務局

実施日、人数の連絡

  8ヶ月
  ↓
  10か月前

協議会事務局→学校・団体
旅行会社

受入地区の日程調整
体験プログラム一覧の送付

  2か月
  ↓
  3か月前

協議会事務局→学校・団体
       旅行会社

準備資料の送付
・民泊別の宿泊可能人数
・参加者表、特記事項記載資料
(アレルギー、配慮を要する情報など)
 

学校・団体

資料への記載
・班の編成
・アレルギー、配慮情報の記載
・体験プログラム選択

  1か月前

学校・団体
旅行会社 →協議会事務局

資料の提出
・班の編成
・参加人数
・体験プログラム確定

 

協議会事務局

民泊家庭、インストラクターなどの手配

  2週間前

協議会事務局→学校・団体
       旅行会社

資料の送付
・民泊家庭、代表者
・日程表

  受入当日

協議会事務局

現地までの進行管理
緊急時の対応

  受入後日

協議会事務局→学校・団体
       旅行会社

請求書送付・精算

 

toppage

安全対策及び対応について


1.

海・山、川の自然を相手にした体験活動では必要に応じてヘルメットやライフジャケットなど、安全のために着用いたします

2.

事前に食物アレルギー、ぜんそくなど注意の必要なことを調査し、受入関係者に連絡いたします

3.

個人情報については、十分に配慮いたします

4.

緊急時の対応マニュアルを整え、受入関係者に徹底しております

5.

民泊実施者は、しまね田舎ツーリズム登録の民泊であり、最低年1回以上の衛生管理、リスクマネジメント講習の受講を義務付けております



緊急時の連絡体制について


※必要に応じて病院、消防署、警察署に連絡します

 24時間体制病院

 消 防

 警 察

・浜田医療センター

・浜田消防署

・浜田警察署

 

・桜ヶ丘出張所

 
 

・美又出張所

 
 

・旭出張所

 
 

・弥栄出張所

 
 

・三隅出張所

 

パンフレット

教育旅行のA4チラシ

 PDF版ダウンロードはこちら(8.63MB)

   

教育旅行のA4パンフレット
より詳細な体験メニューを掲載しています

 PDF版ダウンロードはこちら(43MB)


お申し込み



体験旅行のお申し込み、お問い合わせは
下記までご連絡をお願いいたします

浜田市ツーリズム協議会
(浜田市観光交流課内)
〒697-8501 島根県浜田市殿町1番地
TEL/FAX 0855-23-1195

メールでのお問い合わせはこちら>>>



toppage


  • 民泊・田舎生活体験
  • 自然体験
  • 農林業体験
  • 海の体験
  • 伝統芸能・工芸体験